2014年07月30日

長渕剛「オルゴール」

先日、久しぶりに長渕剛の「オルゴール」をDVDで観た。

いやぁ、今さらだけど改めてみると、
有り得ないシーンが満載だね(笑)
いくつかあるけど、例えば。。。

・冒頭で中村ゆうじ演じるチンピラが子連れの母親を殺して、
その葬儀に長渕演じる勇次(以下、勇次)が参列するが、
その際、故人の旦那らしき人が勇次につかみかかり、
「死刑だろうがーっ」と言うのだけど、
殺したのは勇次ではないし。。。

・幼稚園に着ぐるみでとか、JEEPが登場とか
 これも有り得ない。
 こんなんしたら子供のいじめネタになってしまうよ。。。

・哀川翔演じる翔、仙道敦子演じるきよの敵討ちとして、
結婚式場(ホテルか?)に勇次が日本刀(長ドス?)を持って乗り込むけど、
会場に辿り着く前に大騒ぎになっているはずでしょ。
日本刀持って進む勇次に誰も見向きもしないなんてー。


そうそう、「オルゴール」って計算してみたら、
長渕剛が32歳のときに公開された映画なんだなぁ。
32歳であの雰囲気はすごいね。
悪い言い方すれば、“老けてる”ってことなんだけど(笑)

初めて「オルゴール」を観たのは自分が10代の時だったのに、
とっくに長渕剛32歳のときを追い越してしまったんだなぁ。
感慨深いものがあるねぇ。

あ、俺は長渕ファンですから!
posted by コウ at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/402860531

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。