2012年10月19日

NLPの衝撃

早いなぁ、もう年末年始の準備…。
コンビニではもうクリスマスケーキの
広告、販促が行われているし、
ケンタッキーも綾瀬はるかのサンタコスCMだし、
あちこちのホテルも色々なイベントを打ち出している。
俺の職場でも忘年会余興をどうするかと、
そろそろ動き出す予定。

この時期になると、NLPのセミナーに
初めて行ったときのことを思い出す。
講師がサンタの格好して登場したんだよね…(笑)
思えば、これは驚愕法の心理テクを意図していたのかも。

初めてのNLPは衝撃的だったなぁ。
いくつか書籍は読んでいて、
それとなく知識としてはあるつもりだったけど、
ライブで講師の話を聴いたり、
実際の利用事例を見れたりして、
「こんな世界があるのか!?」と驚いた。

NLPという武器を手に入れたら、
対人的なコミュニケーションが重要な仕事なら、
どんな業界でもかなり優位だ、と思った。

会社の営業マニュアルや人材教育でも、
NLPの要素を取り入れたら、
会社としても強力な武器になると思った。

実際に、そうなっていると思う。

NLPは「脳の取扱説明書」と言われることもある。
購買を決定するのも、美味いか不味いか判断するのも、
良いもの悪いものを記憶するのも、
全て脳が根本にあるのだから、
脳の性質や仕組みや使い方を知らないって、
単純に考えてもマイナスなことだ。

そんなわけで、この時期になると、
俺は毎年心機一転NLPの勉強をするのだ。


社内・社外問わず交渉事にも強い武器になる
「脳の取扱説明書」を知りたくないか?
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

NLP完全マスターDVD


posted by コウ at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月05日

全ては心理学だと思う

元々高校生の時分から心理学に興味はあったけど、
接客業をする中で、やはり心理学が大事だと認識し、
財務やマーケティングの仕事に関わってから、
商売は心理学がなにより大事だと思うようになった。

対お客様の話だけではなくて、
対取引先との話だけではなくて、
部下や上司や同僚といった組織の中でも同様に、
心理学は大事になってくる。

心理の動きというものは、
つまり脳内の化学反応に他ならないわけなので、
脳科学的なこともあれこれ勉強した。

対人関係に悩む人に対して、
相手は変えられなくても、
自分は変えられる、なんてことがよく言われる。
でもなぁ、それは心理学を知らない人の言うことだな。

相手も変えられるのだよ。
心理操作、洗脳といった方法もある。

新入社員になった方たちも
早く心理学の重要さに気付いてほしいなぁ。

そして、俺もまだまだ勉強しなきゃいかんので、
このGWは改めて心理学を勉強!


これ、苦手な人には嫌いな路線かもしれないけれど、
身に付けたらビジネスでもなんでも強くなれる!
■悪魔の手引書■
女性を瞬間であなたの「もの」にする悪魔のトリック
絶対に逃れる事が出来ない罠とは
■ The Bible of the devil■



posted by コウ at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

接遇マナー

接客系のサービスを主業務としているグループ会社に、
ホテルマン出身の人が最近転職してきたのだけど、
俺の中ではホテルマン出身者って育てやすい!というイメージ。

たいてい接遇マナーの基本が出来ているので、
あとはこれからやってもらう業務に必要な知識や技術を、
覚えて出来るようになってもらえばいいだけだから。

接遇マナーと言えば昨晩、平林都さんが、
日テレの番組に出ていた。
相変わらずパワフルな指導スタイルで見てて面白い。

でも俺は、あれは平林流の礼儀作法であって、
ああしなければいけない、ということではないと思っている。

“相手を思いやる”とか“相手を大切に想う”という、
接遇マナーや礼儀作法の気持ちの根本的部分は、
平林さんが言っていることって、よく分かるし共感出来るので、
その表現方法について俺自身の学んだことと違うということ。
俺もその昔はけっこう勉強したのだ、小笠原流礼法とかね。

ネットでは平林都を賛辞する声もたくさんあるけど、
それとは逆に批判をしている人もけっこういる。
批判している人達に対しては、
“お前は接遇について何が分かっているんだ?”
と聞いてみたくなるね。
あとは“人材を育てたことがあんのか?”とかね。
実体験、実力を持たない評論家はうざい。

そういえば明日は節分の日だ。
鬼を追い出す行事ではあるけど、
俺は自分の心の中にもっと強い鬼を育てなきゃなぁ。
自分自身を厳しく戒める鬼をね。
自分自身の接遇マナーも厳しい鬼の目で、
あらためて見つめ直し、磨いていかねばっ。
タグ:自己啓発
posted by コウ at 16:21| Comment(2) | TrackBack(0) | スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

自分自身そのものを磨く

心理学やNLPに興味津々である俺。
今は財務の仕事をしているけど、
ビジネスの基本は心理学だと思っているし、
心理学をライフワークとしている。

そして俺は嬉しく、ワクワクしているのだ。
それは“あの人”が復活してくれたらから。
“あの人”というのは、俺が尊敬する蔡 東植さん。

この蔡さんは催眠術やら気功やらコーチングやら、
心理学やらNLPやらものすごい勉強して、
それを自分の人生に活かしているのはもちろんのこと、
それだけじゃなく、多くの人の力になっている。
ちょっと卑猥な方向に走ることもありますけど…。

そして、今回の復活で蔡さんがリリースされたのがこれ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
恋愛相談で悲痛な悩みから生まれた、恋愛プログラム
■「LEVEL ZERO」■


いやぁ、深いね。

とにかく深い。

「考え方を変えると行動が変わる」
これはよく言われていることだけど、
この考え方を変えるってのはなかなか難しい。
特に自分の潜在意識に染み付いたような考え方、
思考スタイルなんてのはホントにやっかいなもの。

テクニックと言う武器を身につけることも大事だけど、
実はそれ以前に自分自身そのものの力を高めることは、
もっともっと大事なことなのだなぁと感じた。
ま、言われて見れば当たり前のことと理解出来るけど、
いざそれを実行するってのは難しいものなんだよね。

営業トークや心理テクニックが武器による力だとしたら、
精神的、内面的な意味での免疫力、体力、柔軟さ、
それから考え方、雰囲気なんてが、
自分自身そのものの力ってことなのかもしれない。
内側からあふれ出る魅力っていうのかな。

自分自身そのものを磨く、強くするってのは、
ある意味鉄板的スタイルなのかもしれない。

俺もまた学ばせて頂こう。
そういう意味でもワクワクする。

これから年末年始の休暇中に、
じっくり自分を鍛え上げてみるのもいい。
ダラダラ過ごして連休を終えるなんてもってのほか。

「死を自覚して生を謳歌すべし」だ。


恋愛ごとをテーマにしたモノだけど、
それだけに収まらない力が得られるはず。
恋愛ごとに関して臆病な人にとっては、
きっと目からうろこな内容
もちろん、自分に自信があっても、
初心に帰って自分自身を鍛え直す意味でもオススメする
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
恋愛相談で悲痛な悩みから生まれた、恋愛プログラム
■「LEVEL ZERO」■



posted by コウ at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

存在価値を

俺がコンサルしている葬儀社に、
数ヶ月前に入社してきた事務の女性。

なかなか成長が遅くて、
元々伸びるのに時間がかかるタイプと思っていたけど、
想像以上の様相でちょっとまわりも困惑気味。

そんな状況の中で俺は、
彼女が若かりし頃、美容部員をしていたことを思い出し、
エンゼルメイク(死化粧)のプロを目指して、
勉強してみたらどうか?と提案してみた。

そうしたら、元美容部員ってこともあるんだろうけど、
強い興味を示してくれたので、今後に期待。

外注の業者に死化粧を依頼したら、
外注先に3〜4万円は取られてしまうけれど、
これが内製化出来れば、会社としても有り難い。

今のところスタッフの中には、
本格的に化粧が出来る人はいないので、
もしエンゼルメイクの達人になれば、
それだけでその人の存在価値は急上昇する。

自分の存在価値は誰かが作ってくれるんじゃなくて、
自分自身で存在価値を作って、高めていくのだよ。
存在価値は自分で作り磨きあげていくものだ。

ときに誰かがそのきっかけをくれたり、
手助けをしてくれることもあるけれど、
出来ることなら自ら進んできっかけも探して欲しいね。

posted by コウ at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする