2009年06月08日

実力は…

ある病院からある病院へ異動することになった、
飲み仲間の臨床検査技師さんに対して、
俺の上司みたいな人が贈った言葉。

「実力は場所を選ばない」

ん〜まさにそのとおりだと思う!

今回は以上。
今までで一番短い内容のブログアップかも(笑)

長ければ良いってもんでもないからなっ。
ラベル:格言 名言
posted by コウ at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 力をくれる言葉達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

馬鹿


神様にダダをこねるような馬鹿にならないように
諦める事を知らない馬鹿になろう

失うものは何もないと
誇らしげに語るような馬鹿にならないように
守るべき者の為に全てを捨てられる馬鹿になろう


野狐禅(やこぜん)「泪橋」


この歌、好きなんだなぁ。

“馬鹿”って言葉は使われるタイミングや状況によって、
色々な意味を持つ言葉だと思う。

“馬鹿”って言葉は深いよなぁ。

不器用であってもひとつのことに、
一心不乱に向かっていく意味での馬鹿はいいなぁ。

長渕も「人間」という詩画集の中で、
たしかこんな詩を創っている。


愛せるばかと
愛せないばかがいる。

ばかはばかでも
愛せないばかは ばかと言わないんだよ。

俺 一生「ばかっ」と
いわれたいなぁ。


これ意味分かるかなぁ!?
ラベル:格言 人生論
posted by コウ at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 力をくれる言葉達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

リソース♪

NLPの基本的考えがいくつかあるのですが、
そのひとつに、
「人は効果的な変化のために必要なリソースを既に持っている」
というものがあります。

リソースとは、そのまま訳せば“資源”。
資源というのは、経験だったり知識だったり記憶だったり、
さらには環境や人間関係や性格など、
ありとあらゆるモノや手段を意味します。

何か目標があるとき、
その目標を達成するのに必要なリソースは、
既に誰しもが持っているというのですから、
あとはそのリソースに気づき、
これを上手く生かしていくことが必要ということ。

もうひとつNLPの基本的考えに、
「誰かに出来ることなら、
 他の人(あなた)にも出来る。
 あとはやり方を知るだけ。」というのもあります。

この“やり方”というのは色々あると思いますが、
“リソースの生かし方”もそのひとつだと思います。

ちょっと抽象的な話と言えばそうだけど、
なんだか力をくれる言葉です。


*NLPとは奥深く幅広い世界なので、
簡単に説明するのは難しいのだけど、
神経(5感)、言語の相互作用がどんな風に、
自分たちの身体や行動パターンに影響しているか?
という仕組みを解き明かし、実践する手法とも言われます。
「脳の取り扱い説明書」なんて風にも呼ばれます。
posted by コウ at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 力をくれる言葉達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

最後だと分かっていたなら…。

葬儀という死に関する仕事に関わっていたこともあって、
俺はおそらく他の同年齢の人よりも、
“終わり”に対する意識が高いと思う。

とは、言うものの、
普段は“分かっちゃいるけど…”ってやつで。

そんな俺の胸に沁み入った言葉。

動かなくちゃなぁ。

posted by コウ at 09:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 力をくれる言葉達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

剛柔

「剛を心とし、柔を技とすべし」

これは俺が前に通っていた空手道場の道場訓のひとつ。

ちなみに読む人によっては分かるかもしれないけれど、
剛柔流という流派の道場でありました。

『ベストキッド』なんていう
だいぶ昔の空手を題材にした映画があるけれど、
あの映画で少年が学んだ空手も剛柔流。

空手の道場訓だけれど、
この教えは、あらゆる多くの場面に通じる感じがして、
今も胸の奥にいつもしまってあります。

強い信念、強い気持ちを持ちつつ、
でも、表面的には柔らかい言動を。
これって、自分自身に“余裕”がないと、
なかなか出来ないものなんだなぁ。
ラベル:格言 人生訓
posted by コウ at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 力をくれる言葉達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。