2013年05月21日

摘出臓器の処分、火葬

医療機関に勤めながら、
本業は財務なので、医療系用語は、
いまいち理解しきれていない部分があるので、
もしかしたら言葉遣いに間違いがあるかもしれないけど、
臓器の処分についてちょっと書いてみる。

病理解剖等で摘出された臓器等、身体の一部。
日本国内でも地域によって、
その処分の仕方は違いがあるようだけど、
俺が住む神奈川県の湘南、西湘、中央あたりでは、
産業廃棄物として業者が処分することがほとんど。

そもそも公営の火葬場で、
臓器を火葬してくれるところがほぼゼロである。

ちなみに糖尿病などの影響で、
四肢を切断することになった患者様もいるけれど、
この四肢の火葬は、たいていどこの火葬場でも、
普通に受付をしてくれているようだ。

ある医者が、その臓器の処分について、
僧侶に読経をしてもらって、火葬したいと主張してきた。
んー、どこまでやることが適切なのだろうね。

普段の医療行為の中で、
ちょっと皮膚を切除したり、骨を削ったり、
身体の一部を取ることはよくあることだ。

ひとつ違うのは病理解剖による摘出臓器は、
生きた人間の体の一部ではなく、
亡くなった人間の体の一部ということ。
つまりはご遺体の一部ということくらいか。

線引きはどこなのか忘れたけど、
中絶や流産で息絶えた胎児も、
妊娠してからの期間によっては、
産業廃棄物として処理される。

感染性廃棄物として、
いずれにしろ火葬処理されるのは適切として、
それ以外の読経とか、どこで処理するかとか、
気持ちの問題は難しいね。

個人的には病理解剖の摘出臓器については、
産業廃棄物として処理で良いと思っている。
ご遺体本体はきちんと火葬場で荼毘にふされているわけだし。

みなさんはどうお感じでしょうか?
posted by コウ at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月22日

木下大サーカス行ってきた。

__.JPG

木下大サーカス横浜公演に行ってきた。
サーカスだなんて幼稚園のとき以来だなぁ。

15:40からの公演開始予定なのに、
16時くらいまで会場に入れず、
寒風吹きすさぶ中、外で待たされたのは不満だったけど、
終わってみれば楽しい時間を過ごせた。

客層的には圧倒的に家族連れが多かった。

ちなみに席はロイヤルブルーの300番台、
一番後ろの席ではあったけれど、
会場自体がそれほど大きくないので、
問題無く2時間を楽しめた。
席によっては柱が邪魔になるようだけど、
邪魔になって見えなかったのは、
2演目、数分だけだったと思う。

そして、思わぬアクシデントも・・・。
後半に入って楽しんでいたら、
何の演目の前だったか忘れたけど、
ピエロが客席から男性客をピックアップし始めた。
1人、2人とリングサイドに連れ出されていった。
で、ピエロの一人が俺の近くへ・・・、
う、スポットライトがまぶしい!!!
「え、、、俺!?」

そんなわけで連れ出された
4人のうちの1人になってしまった。

あの雰囲気の中で拒否することも出来ず、
なんかあれこれやらされまして。

席に戻るときに記念品でもくれればよかったのに、
なーんにもなかった(笑)

昨日は3回の公演全て満員御礼だったみたい。
5/7まで指定席は完売らしい。
2/17から5/7までの約3か月の公演。
ってことは、チケットの客単価が
ざっくり予想で2,500円として、
1,650人ほどで会場は満席のようなので、
1回の公演で4,125千円のチケット売上。
これにお菓子やお土産の売上が加わるわけだから、
+200千円くらいかね。
そうすると土日は一日3公演だから、
一日あたり12,975千円ほどの売上?
なんて下衆なことを想像してしまう下衆な俺・・・。

でも、サーカスって楽しいね。
また、機会があればぜひ行きたい!


posted by コウ at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月16日

改正犯罪収益移転防止法って・・・迷惑!

4/1から改正犯罪収益移転防止法が施行されたけど、
善良なる市民、企業にとっては、とても迷惑なことだと思う。

個人だと、取引時に、
職業の内容を申告という確認項目が増える。

法人だと取引を行う目的や、
事業内容、実質的支配者の確認項目が増える。

その為に、記入しなければならない書類が増えたり、
謄本を新たに用意しなければいけないとか、
客側からすると負担が増える。

とても迷惑な法律だ。
善良なる市民に迷惑をかけず、負担をかけずに、
犯罪収益の移転を防止する方法を考えろよ、と思う。
例えば、犯罪収益移転に関わったら死刑にする、とかさ。
あくまで、例えばの話ね。
今回の改正法では罰則の強化も行われているけど、
それは「顧客・担当者が本人特定事項を偽った場合」に、
1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金、
またはこれらの併科ということではなくて、
犯罪収益の移転を行ったことに対する罰則を強化したら良い。

そして警察がもっと努力をして、
防犯、犯罪組織の撲滅を行え、と思う。

なんかね、やり過ぎじゃない?って思うわけよ。
この前の話にも通じるけど、「過ぎたるは・・・」だよ。




posted by コウ at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月15日

「舟を編む」を観てきた。

「舟を編む」を見てきた。

結論、良い映画だった!

辞書を作るという話を主軸にした人間ドラマ。

「言葉は難しい 言葉は難しい
 なまじっか言葉があるものだから大変です」
そんな長渕の歌詞を思い出したりもした。

正しい言葉の意味を知ることは大事だよね。

コミュニケーションにおいて、
言葉の正しい意味を分かっていなければ、
自分の伝えたいことを、
相手に正しく伝えられなくなるし、
相手の伝えたいことを
正しく理解することも出来ない。

とは言うものの、
言葉の正しい意味を解っていても、
100%相手の真意を理解してもらうことは、
ほとんど無理なことなのだろうけどね。

人は自分の経験や知識に基づいた意味付けをするからね。
たとえば、俺が理解し、イメージする「ステーキ」と、
貴方が理解し、イメージする「ステーキ」が、
100%一致することは、まずほぼ無いね。

俺がイメージするステーキは、
鉄板焼き屋さんで、職人がミディアムで焼いてくれる、
100gで少なくとも5000円はする肉で作られたステーキだ。
でも、ある友達がイメージするステーキは、
ガストで出てくるステーキだったりする。

だから、お互いどんなイメージを持っているのか、
同じ言葉であっても、さらに深堀りして、
それぞれのイメージを、擦り合わせていくことも大事だね。

あ、話は逸れたけど、
「舟を編む」は良かったんだよ(笑)

辞書がどう作られるのか、勉強にもなったし。
そして、宮崎あおいっていいなぁ。
池脇千鶴も久しぶりに見たけど、良い味出してたね。

全然期待して観た映画ではなかったけれど、
心がほっこりした、“良い後味”の映画だった。

そしてそして俺も、言葉遣いをもっと気を付けなければなぁ・・・。

posted by コウ at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ本・商品等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月05日

過ぎたるは・・・

いくら頑丈でも重たすぎたり、
動きにくい作りになっている防具を装備したら、
攻撃をしにくくなってしまう。

こういうことが実際に起こっている。

コンプライアンスだの内部統制だの、
ここ数年、過剰意識・過剰防衛と思われるような、
そこにお客様の存在はあんのかい?と思わせるような、
ただ自分を守る為だけに行っているような、
そんな体制になってしまっている会社が多いと感じる。
そのせいで、最前線で戦う営業マンもやりにくそう。

コンプライアンスも内部統制も大事なことだけど、
何事もやり過ぎだと、どこかで副作用が生じるものだよ。

過ぎたるは猶及ばざるが如し、ね。



posted by コウ at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする